車の保険の会社は親切とCMしていますが自動車事故をした際に完璧に正確に取り扱ってくれるか心配です。とりわけ電話で加入する事が出来るダイレクト系自動車保険と称する代理店所持していたい会社では対応が分かりにくいことも心細くなってしまいそうです。しかし、ダイレクト型と現実の代理店がある自動車保険会社の取扱いに大きな差異はないですし、ダイレクト型のほうがコストが減らせる分保険料が安く抑えられているので自動車での事故をしなければ月々の保険料を安く抑えることが可能です。では保険屋さんが異なることで事故対応に差異が存在するかと質問されればあります。その差異は代理店型自動車保険ダイレクト型自動車保険というような差異ではなく、個別の車の保険会社によって事故の対応をしてくれる時間帯や日にちがちがうことが挙げられます。乗用車の事故はいつ遭遇するか想像できませんので、対応は24時間受付してくれるところは必須の条件となりますしその上で休日や夜間に起こった事故処置がきっちりとされているのかを知っておくことが大事です。会社によっては、24時間365日事故対応でも事故の受付時間が休みの日は違いがあり短縮する保険の会社もあったりしますのでチェックが重要です。さらに、万一に備えて自動車の保険の会社の処理拠点もきっちりと知っておくことも大切です。どんな自動車保険会社でも拠点が遠ければ処置に時間がかかるケースもございますので自宅近くに処理拠点があるかを事故対応の違いを評価する材料のひとつです。ある程度の大きさの自動車保険の会社は区域ごとに拠点を保有している場合もあるので連絡したときの対応も優れていて自分で行う事故処置も正しくアドバイスをくれると評価が高いです。